sponsored links
  


Johnny Moore (ジョニ−・ムーア) − その2

( 2008-02-19 )


前回の Johnny Moore の続きです。

Johnny Moore のソロ活動は "Johnny Darrow" という名前で行われました。

Johnny Moore という名前で活動していた人が、既にいたんですよね。Johnny Moore's Three Blazers。それが理由らしいです。

Johnny Darrow の名義でリリースされた作品、私が把握している情報は、下記の6枚のシングルについてのみです。

・Hand In Hand / Why Do You Treat Me This Way (Sue - 726)

・Don't Start Me Talking / Jo Ann Delilah (Sue - 728)

・That's Good / Hold Hands Break Hearts (Sue - 733)

・Chew Tobacco Rag / The Spider Walk (Sue - 738)

・Love Is A Nightmare / Poor Boy Needs A Preacher (Sue - 741)

・Fools Paradise / ? (Melic - ?)

この中で「Hand In Hand」と「Don't Start Me Talking」は94年に Capitol から発売された「The Sue Records Story」という BOX SET (4CD) に収録され、CD化されています。(現在は廃盤です)

その他の情報、誰か知っていたら教えて下さい。お願いします。今度サンデーソングブックにハガキ出して、たっつぁんに聞いてみようかしら?

私の手元には Sue から出た最初の3枚があります。海外通販で購入しました。

内容はというと、1st は Sam Cooke を意識したような歌い方。2nd は結構 シャウトしてますね。これは Little Richard を意識しているのでしょうか?

.....的外れなことを書いていたら、スミマセン。

このソロ活動を経て Johnny Moore は、新・Drifters に復帰します。
(まだ続く)

Johnny Darrow : Hand In Hand / Why Do You Treat Me This Way
Johnny Moore (ジョニ−・ムーア) − その2


posted by katsuaki at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 達郎氏からの影響
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87812088

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。